アスロング ヘアケア

アスロングと一緒にやりたい就寝時の髪ケア方法

 

 

 

アスロングは髪にやさしい成分がたくさん

 

アスロングは、髪の毛だけではなく、地肌の事をしっかりと計算されてつくられているシャンプー&トリートメントで、

 

着色料などの成分を使っていないため、肌への影響を最低限にとどめてくれます。

 

それでも、髪の毛が伸びてくると眠っている間に髪が触れた部分にニキビや吹き出物ができてしまうかもしれません。

 

髪が短いうちから影響が出るとは思えませんが^^;

 

目標の長さになったとしても髪に隠れた地肌がトラブルを起こしては問題です。

 

 

そこで今回はアスロングと一緒にやっていきたい、肌トラブルを防ぎながら髪を伸ばしていく方法についてご説明しようと思います。

 

 

肌トラブルの原因は?

 

そもそも肌トラブルの原因は、アスロングのシャンプーにあるわけではなく、髪の毛が肌に張り付いてしまうのが多くの場合の原因になります。

 

私がロングヘアの時にやっていることは、寝るときにはきちんと髪の毛を乾かして頭のてっぺんでお団子を作って寝る事です。

 

 

三つ編みをして寝るものいいですが、朝癖がすごくつきますので、髪の毛をまっすぐに伸ばす方は時間がかかるかと思います。

 

なぜそんなことをやっているかというと、それは寝ている時に髪の毛がこすれてどうしても傷んでしまうからです。

 

髪の毛を縛って寝れば眠っていたら顔など肌に触れることも少なくニキビや吹き出物ができにくく肌トラブルも少なくなります。

 

 

ハンドクリームやニベアクリームで髪を軽くまとめよう

 

 

そして、ちょっと今日は髪の毛がまとまらないな。と思う日には、ハンドクリームを擦り込んでいます。

 

わたしはニベアクリームを使っています。静電気も予防でき優れものです。

 

つけすぎると、べたべたして何日お風呂入ってないの?という髪の毛になってしまいますので薄くです。

 

髪の毛につけるというよりは、少し多めに手に塗ってそのまま髪の毛をまとめるようになでるくらいです。

 

ニベアクリームは高くないのでぜひやってみて下さい。

 

 

髪の毛の日焼けを抑える事

 

 

そして髪の毛も日焼けするのはいけないということです。

 

顔や足など肌にはきちんと塗っている人は多いと思いますが、髪の毛ってどういうわけか気にしませんよね?

 

帽子を被ったり、髪の毛にも使える日焼け止めと使うのも大事なのです。紫外線にあまり当たらないようにしています。

 

 

そしてあまり染めたりパーマをかけたりしないことです。髪の毛も染めたくなりますが、毎回丸々カラーしてるととても傷んでしまいます。

 

なので3回に1回くらい全カラーにしてあとは、リタッチでプリンになったところだけ染めるようにしています。

 

なるべく髪の毛がこすれないように、髪の毛をまとめたりトリートメントをしたり日々の積み重ねで綺麗な髪の毛をキープすることができると思います。

 

参考になれば嬉しく思います。

 

 

 

 

▼よく読まれている記事

 

アスロング 口コミまとめ
アスロング 効果なしの真相
アスロング 評判特集